フランクフルト日本人国際学校 JISF

学校長挨拶


 


フランクフルト日本人国際学校
学校長 佐々木 啓治


 フランクフルト日本人国際学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 フランクフルト市はEU中央銀行やヨーロッパのハブ空港であるフランクフルト国際空港を有し、ドイツ西部に位置する人口約70万人の金融国際都市です。また、ドイツの偉大な文豪ゲーテが生まれ、アンネ・フランクが幼少期を過ごしたところとしても知られています。
 本校は、当市の中心部から電車で20分ほどの距離にあり、緑に囲まれた住宅街にある、開校33年目を迎える日本人学校です。同じ施設内には、フランクフルト日本人幼稚部が併設されているほか、週末には補習授業校が授業を行っており、600名をこえる日本人の子ども達が学んでいる施設になっています。

 本校の学校教育目標は「@一生懸命勉強しよう A異なったものを認めよう B豊かな心と感謝の気持ちを育てよう Cたくましい身体と心をつくろう」です。日本の教育理念を基盤とし、外国での数多くの得難い体験を通して、世界のグローバル化の進展に対応できる人材の育成をめざして日々の教育活動を進めています。

 本校は開校以来、基礎学力の向上そして国際理解教育を柱として着実な成果をあげてまいりました。現地校とのホームステイ交流、葡萄収穫体験、自動車工場見学、航空教室、農場見学など、ドイツならではの多彩な国際交流や現地理解教育を進めていることも大きな特徴の一つとなっています。

 2017度は小学部216名、中学部61名の計277名。そして32名の教職員でスタートしました。今年度もこのホームページを通して、子ども達がたくましく成長していく様子をご紹介してまいります。