フランクフルト日本人国際学校 JISF

理事長挨拶





 ここフランクフルト・アム・マイン市は、中世より交通の要衝として栄えてきました。そして現在、日本との交流ではヨーロッパ有数都市として、年間100万人を超える日独間の往来を支える主要な空港を擁する都市にまで発展しています。また、ビジネスにおいては、欧州中央銀行本部もある金融・証券関係の拠点として、欧州最大級のメッセ会場を擁する産業の中心地として重要な役割を担っております。このような背景の中で、日本政府の許可と補助並びに市局の許可を受け、1985年4月に共益法人フランクフルト日本人国際学校が誕生しました。
 フランクフルト日本人国際学校では、3つの柱を経営方針としています。1つは、いずれ日本に帰国される子供たちが確かな学力を身につける場所となる事です。次に、「グローバル化」や「多様性」が重要視される時代においてドイツの文化や学校と積極的に関わる中で子供たちが新しい感性を磨ける場所となる事です。最後に、保護者の皆様に安心していただける場所となる事です。本校の様々な活動を通じて、自ら考え行動できる人物、他人を思いやり、他人に感謝する心を持てる人物、そして、共に生き抜く力を持てるような人物が育っていく事を願っております。

 本校理事会は、このような経営方針が円滑に遂行できるように、学校運営者の皆様、及び保護者の皆様との協力を深めて参りますので、今後も皆様のご理解をお願い申し上げます。

 最後に、本校が子供たちの教育と、フランクフルト・アム・マイン市、及び周辺に在住の日本人の皆様のお役に立てますことを心より願っております。

共益法人フランクフルト日本人国際学校理事会
理事長 戸取 健一郎